精神心理的能力とは?

What is HBP?

HBP=International Space Station Human Behavior &
Performance Competency Model

JAXAがNASA等と定めた宇宙飛行士として
求められる
行動と心構え

本ツールは、「宇宙飛行士として望ましい行動と心構え」として定められた「精神心理的能力」を活用し、予測不能な現代に必要な資質・能力を育みます。

  • DeSeCo※の
    キーコンピテンシー
    に見られる
    3領域の能力

  • 8つの能力

自己理解・
自己管理能力
自己管理
対人関係能力/
協働+共創の
能力
コミュニケーション
異文化理解
チームワークと
集団行動
リーダーシップ
対人コンフリクト
管理
課題設定・
解決能力
状況認識
意思決定と
問題解決

「宇宙飛行士として望ましい行動と心構え」は、8つの能力で構成されており、各能力にはコンピテンシーが定められています。さらにコンピテンシーごとに、ある状況下でその能力が身についている人物が取る行動を示した行動マーカーを定義しているので、具体的な評価指標に基づいて評価することを可能としています。

これらはOECD(経済協力開発機構)によるDeSeCo※のキーコンピテンシーに見られる3領域の能力(1. 自己理解・自己管理能力、2.対人関係能力/協働+共創の能力、3.課題設定・解決能力)に対応可能で、本ツールでは対自己・対他者・対課題ごとに評価レポートをおこないます。

※DeSeCo(デセコ、Definition and Selection of Competencies:Theoretical and Conceptual Foundations)とは、国際化と高度情報化の進行とともに多様性が増した複雑な社会に適合することが要求される能力概念「コンピテンシー」を、国際的、学際的かつ政策指向的に研究するため、OECD(経済協力開発機構)が組織したプロジェクトです。

以下の2つの
能力を育みます

『精神心理的能力診断ツール』は、スキルチェックとセルフチェックによる診断と、その結果に対して生徒自らが振り返りをおこなうことで、以下の2つの能力を育みます。

自律的に
成長する能力

人生の節目ごとに学習を振り返り、
そこで得た気付きに基づいて、
自己変容する。

自分の将来像を
思い描く能力

振り返りをおこなうたびに、
新たな自分が理想とする
将来像を思い描ける。

新学習指導要領に
繋がっているから、
学校現場に導入しやすい
プログラムです

『精神心理的能力診断ツール』は、新学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」に対応。学校現場で安心して導入していただけます。

精神心理的能力診断ツール

新学習指導要領
「資質・能力の3つの柱」

  • 学んだことを人生や
    社会に生かそうとする

    学びに向かう力、
    人間性など

  • 実際の社会や
    生活で生きて働く

    知識及び
    技能

  • 未知の状況にも
    対応できる

    思考力、判断力、
    表現力など